ウォーターサーバーを稼働させるための費用

サーバーを稼働と維持するための電気代が必要

ウォーターサーバーにはランニングコストが発生します。まずサーバー自体を稼働させるために、電気代は必須です。他の一般的な家電製品同様、本体の電気コンセントは常に挿しておかなければいけません。本体を稼働させていなくとも、待機電力がさらに常時発生しています。ただ、待機電力とサーバーを動かすために必要な電力の両方とも、いわゆる他の家電製品と比べると非常に僅かな数値です。サーバー設置で電気代が跳ね上がるという心配は基本的にしなくてもOKです。またミネラルウォーターを常時冷却する機能があるサーバーは、僅かに電気代が高くなる傾向がありますので、その点は要確認です。お水は専門業者の方が定期的に補給してくれるため、店舗や自宅側で水道代が毎日増える心配はありません。

定額料金やメンテナンスのコストが必要

契約プランによって掛かる料金は色々ですが、基本的にウォーターサーバーを使うためには毎月決まった料金を支払い続ける必要があります。定額料金の中に、ミネラルウォーターのお水代が含まれているので、それ以外に追加料金は基本的に不要です。また専門業者によっては、定額料金の中にウォーターサーバーのメンテナンス費用が含まれている場合もありますが、入っていないケースもあります。後者の場合だと、サーバーに汚れや傷みが見つかった時、ユーザーがコストを自己負担して専門業者にメンテナンスを依頼しなければなりません。メンテナンスの頻度はそう多くはなく神経質になる必要はありませんが、それでも定額料金とは別に清掃代や部品交換代などが、時折発生する点は知っておきたいところです。

ウォーターサーバーを赤ちゃんの誕生に向けて設置するなら、お水の種類に注目することが重要です。赤ちゃんの身体に優しい軟水を扱ったメーカーを選べば、毎日のミルク作りも安心です。

トップに戻る