工夫された安全性

ボトル自体を工夫することで安全性を確保

ウォーターサーバーで使用するボトルには、使用時に形状が変わらないものと変わるものの2種類があります。形状が変わらないタイプのボトルは、水を出す際にサーバー内に空気が入ってくるため、不衛生に感じる方も多いかもしれません。ですが、サーバー内に入ってくる空気は、細菌類が入らないよう無菌化できるフィルターが取り付けられていることで、水の安全性を保つことができます。

また、水を出すと形状が変わるタイプのボトルは、柔らかいペットボトルやビニールの材質でできています。そして、水を出してもボトル内が真空状態を保てるよう、水が減るとともにボトル自体が圧縮される仕組みになっています。そもそも外気が入らない仕様となっているため、衛生面をクリアできています。

水そのものと定期的なメンテナンスで安全を確保

日本で販売されている水は、水源や調整の有無などで種類分けがされています。いずれのものであっても、日本では飲料水の厳しい基準があり、細菌が含まれる割合や処理の正当性などが細かくチェックされているので、水自体の安全性は確保できています。

そしてウォーターサーバー本体の衛生面は、定期的にメンテナンスを行うことで安全性が維持されています。メンテナンスの頻度や方法は業者によって対応が異なります。1年に1度ほど工場で部品交換や内部の洗浄を行う業者もあれば、2年に1度程度、本体を新品に交換するところもあります。ウォーターサーバーは、日々摂取する水の安全性や有用性を求めてサービスを利用する人が多いため、様々な方法を用いて安全面の配慮がされています。

宅配水とは自宅まで水を配送してもらうサービスです。ボトル入りの水を必要数だけ定期的に送り届けてくれます。

トップに戻る